読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳からの素肌が輝く秘密

魅力学研究家が 30年探して巡りあった本物の素肌美を追求する方法とは

女は秋に3歳老ける?

今年の夏は、猛暑!毎日うだるような暑さですね。

紫外線もものすごい強さで降り注ぎ、冷房はガンガン。外の紫外線と、中の冷房によって、実はお肌がとても乾燥しているようです。

汗は水分ですが、脂分ではないので、汗をかいてしっとりしているように感じるけれども、実はインナードライがどんどん進んでしまっています。

女は夏に3歳老ける。という雑誌のコピーがありましたが、秋になって汗をかかなくなってくると、突然乾燥感を体感し始め紫外線によって内部のコラーゲンやタンパク質が変性して固くなっていることに気がつき、

 

あれ?去年までの秋冬のお手入れでは、全然足りない、乾燥感が収まらない…

 

という風に、夏をすぎ、秋に加齢を感じ始め、冬の乾燥、春の自律神経不安定時期と、続いて、お肌は秋を境に加齢していくようです。

夏を制するものは、美肌を制する。

f:id:miryokugaku:20150806074914j:plain


インナードライにならないように、しっかり内部保湿しながら、紫外線対策ビタミンA.C.Eをしっかり、内部に届ける。

医療機器メーカーの、無刺激ながら手で付けても届かない内部まで、しっかり栄養成分を届け、無刺激のマッサージで、血行をあげて細胞の機能を高める サイエンススキンケアだからこそのお手入れ。

全身黒装束、UVを塗って、日傘をさしてと、守る紫外線対策しか出来ないのではなく、攻めのケア、積極的に内部からお肌の体力を高めていく美容法。


もう日差しを怖がらなくても、浴びた紫外線をなかったことにしてくれるケアがあれば、夏らしく太陽を楽しみ、自然の中で心のゆとりを取り戻すことができます。

 

 

始めるなら、夏ですよ!!

 

 

 

サイエンススキンケア カウンセラーによる
無料肌診断&洗顔体験をしてみませんか?
東京@青山  大阪@淀屋橋 
申込み お問い合わせ